プロペシアについて説明する男性と薄毛の男性

作用機序とはあまり聞き慣れない言葉ですが、簡単に言うと、薬がその効能を発揮するために発生する特異的な生化学的相互作用のことです。
フィナステリドの作用機序を説明する上で欠かすことが男性ホルモン、5aリダクターゼ、そしてDHTと呼ばれる存在です。
額の両端に切り込みを入れるように脱毛や薄毛が広がる、あるいは頭頂部に円を描くように脱毛や薄毛が広がる男性型脱毛症の発症には、男性ホルモンが毛乳頭や毛母細胞にある男性ホルモン受容体に潜り込むことからスタートするものもあります。
するとそこで男性ホルモンは、5aリダクターゼと言う特定酵素の働きを受け、DHTと呼ばれる物質に変換されてしまいます。
このDHTには、過剰な皮脂を分泌させる作用や脱毛を促進させる物質を分泌させる作用があるため、脱毛や薄毛が発生してしまうと言うわけです。
男性型脱毛症の疑いがある男性5aリダクターゼには2種類あるのですが、この内1種類は、前頭葉や頭頂部の髪の毛の毛母細胞や毛乳頭に多く存在していることから、男性型脱毛症になるとその部分の脱毛や薄毛があらわれると言うわけです。
フィナステリドはこの一連の流れの中で、5aリダクターゼの活性を抑えると言う作用を持っています。
ですから、フィナステリドを服用することで、5aリダクターゼの活性が抑制され、男性ホルモンがDHTになるのを防ぐことができると言うのが、フィナステリドの作用機序となります。
この作用機序からわかる通り、フィナステリドは、それを飲むことで直接、発毛作用があると言う成分ではありません。
脱毛や薄毛の原因が解消され、それによって症状の進行を抑えることが期待できる成分です。
しかし実際には、そのことによって毛の質が変化する、太く、長く、強い毛が生えやすくなることが報告されています。

このフィナステリドが配合された薬にはプロペシアやフィナロという薬があります。
プロペシアは日本で初めて認可されたAGA治療薬です。
フィナロはプロペシアと同等の効果を持ったジェネリック医薬品です。
ジェネリックのため、プロペシアに比べてフィナロは価格の安い薬となっています。
また、正しいフィナロの飲み方もプロペシアの服用方法と変わりません。
さらに通販でフィナロを買うとより安価で手に入れることができます。

関連記事

  • 薄毛の女性
    2019.05.03

    フィナステリドは女性の薄毛でも効果はある?

    フィナステリドとは、もともとは男性の前立腺疾患を治療するために開発された成分です。 では、何故、この成分が男性型脱毛症の治療に使用されているのかと言うと、この成分には男性ホルモンと特定酵素に働きかける作用があるためです。 男性型脱毛症は...続きを読む

  • プロペシアを服用する男性
    2019.05.15

    フィナステリドの効果が出始める期間

    かつては改善が難しいとされていた男性型脱毛症も今は良い薬が登場したことで、早めに治療することで薄毛の進行が抑えらレ、良い改善が得られるようになります。 そして男性型脱毛症の治療薬で代表的な薬がプロペシアで、有効成分はフィナステリドです。 ...続きを読む

  • トウキエキスについて説明する男性
    2019.06.04

    フィナステリドの正しい理解とトウキエキス

    男性型脱毛症は、主には生え際の部分や頭頂部からしだいに薄毛がはじまる病気として一般に理解されているものですが、これには男性ホルモンであるテストステロンが深くかかわっています。 男性の体内にあるテストステロンは、ある種の酵素により分解されて...続きを読む

  • ストレスを感じる女性
    2019.07.04

    男性の薄毛にフィナステリド、女性の薄毛にルビーナ

    フィナステリドは男性の初期の薄毛の進行を予防する薬で、フィナステリドは血液中に溶け出して育毛の効力を発揮します。 血液中の成分に影響し、男性ホルモンに由来する体への変化があることは考えられることです。 健康診断や血液検査でフィナステリド...続きを読む